自己紹介
一度きりの人生
「勇気を持って」切り開きましょう!
未来の自分の為に・・・

自分で自分を守らなけりゃ誰も守ってくれません!
このサイトでは、「副業・起業」の礎となる情報をご提供致します。





広告:キャッチコピー

「キャッチコピー」で商品を一人歩きさせる。









■キャッチコピー


○○○さん忙しいところ申し訳ないけど、
「この商品のキャッチコピーを考えてください。」と言われれば・・・


普段からその商品を 観もせず・触りもせず・伝える事もせず 
であれば当然その良さ(セールスポイント)がなかなか思いつかない、
考えることさえ出来ないのは当たり前でしょう。


当然、上司たる人はそのように直接携わっていない方には
お願いしませんよね。

まずは、ここが基本中の基本です。

昔からよく言われることですが、
「好きこそ物の上手なれ」という諺がありますように、
商品その物を良く知らなければお伝えすることが出来ませんよね。


でも、現場では現実よくある事ですよ!


今日から会社の指示でこの商品を販売することになった、
「さあーみんな目標○○○コの販売頼むよ!!」と
いうようなよく似た話はありませんか?


さて、よーく考えてみてください。 「好きこそ物の上手なれ」


では、具体的にどういう風に作れば・考えればいいのか・・・


キャッチコピー(宣伝文句):
      商品そのものが自分でしゃべっていると考えてください。

 
ポイント ・お客様の立場に立った、
           お客様のハートに響く興味を引く言葉

     ・気づかせてあげる言葉

     ・その方の悩みを解決して上げられる言葉

     ・TPOにあわせた言葉(ケース・バイ・ケースに応じて)

     ・自分が今どうしたいのかを言葉に変える

     ・言葉の無駄を省く

     ・プロからみた言葉ではなく、現場に適した言葉




私が考えるときは、
いつも1週間ほどその商品・情報商材を自分で使いながら
良さを言葉に変換しています。


その商品を販売する際、結果は売り上げに
            つながらなければ意味がありません。



私は上で述べた7ポイント踏まえたうえで凝縮して2ポイントにしています。 


・販売する側からみて何をアピールしたいのか?
・お客様側からみてどういう利点があるのか?
        
  

書店にたくさんの【キャッチコピー】に関する本が出ていますが、
すべてを簡単に要約すると上に述べた事と同じです。

ただ、「各々考え方・捉え方・伝え方・見かた・感じ方等々千差万別」
ですので一概にはいえません。


   
お客様のなまの声・直に触れていただいている
「感想・感じ方・表情」を一番大切にして頂きたいと思います。


直接現場が見れない 例えばネットビジネス等々であれば、
「言葉遣い・字面・印象」等々に気をつけなければだめでしょう。






今、目の前に「まくらがあったとします。」

これを販売するよう指示が出ました。 


さてあなたはどうしますか?


なるほど「手触りはいい・頭をおいた感触もいい・型崩れもしなそうである。」


しかし、いざ販売ともなると
お客様は必要もない物には見向きもしませんよねー


これがいくら¥5000−の物を¥1000−にしたところで・・・

こういうケースにはどう対処いたしますか?

   
私なら(お客様側にみてどういう利点があるか?)

「お客様の立場に立った、お客様のハートに響く興味を引く言葉」
のパターンでキャッチコピー(宣伝文句)を考えます。



『 今夜から深い眠りに就いてください安眠まくらで・・ 』
と言う具合に致します。






banner_04.gif 応援してね! y(^ー^)y


nihon blog1.gif応援してね! y(^ー^)y





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。